MENU

長距離が得意な引越し業者をお探しならプロスタッフがおすすめ

長距離の引越しは会社によって料金の差が驚くほどあります。ある会社では10万円の見積もりが他社では20万円オーバーなんてことは普通に起こり得ます。

 

この差はいかにコストが掛かる長距離輸送を安く済ませているかで変わってきます。そうです、長距離の引越しが得意な業者にさえ依頼できれば、格安な費用で依頼することができるんです。

 

しかし一般のお客様にとって、ある引越し業者で長距離が得手不得手かを知るのは困難です。近距離の引越しは安いと言われている業者でも長距離では不得意とされる場合も普通にありますし、2社3社と複数社から見積もりを取ったしても長距離引越しが得意な業者が含まれていない可能性は十分にあります。

 

このサイトでは中小企業ながらも長距離引越しを得意とし、作業品質でも定評がある引越のプロスタッフという会社をおすすめしています。

なぜ長距離引越しが得意なの?

プロスタッフでは高くなりがちな長距離輸送のコストを混載便という輸送方式で削減しています。1台の大きなトラックに複数のお客様の荷物を積み合わせることで1件あたりのお客様の高速料金や燃料費、人件費の負担を軽減させています。

 

元々関西(京都)で発祥したプロスタッフですが大阪にも拠点を構え、さらに流通量が多い関東(神奈川、千葉)にも拠点を構えることで、トラックを空荷で走らせることなく帰り便の確保にも努めています。

 

それ以外の地方についても地域密着の引越し業者と手を組むことで、大手運送業者に負けないネットワーク網の構築を目指しています。

 

たんに安かろう悪かろうのサービスではなく、企業努力でコスト削減を進めることで、プロスタッフの名に恥じない高品質で格安なサービスで長距離引越しが得意と呼べるほどの会社になったからこそのおすすめなんです。

他社の見積もりが高かったら電話見積もりがおすすめです

一般的に引越しはお宅に訪問して、営業マンが荷物を目で見て見積もりを行います。ただし、訪問見積もりには時間が掛かり、荷物量が多い家族荷ともなると1時間程度は見ておかなければいけません。

 

遠方への引越し費用を安くするには、できるだけ多くの業者から見積もりを取ることが必須ですが、忙しい引越し前の時期に何社もの訪問見積もりを行うのは難しいという人も多いでしょう。

 

そこでプロスタッフでは特に荷物が少ない単身引越しについては電話で見積もりしています。これにはお客様が多くの業者から費用を聞けるというメリットとプロスタッフの見積もりコスト削減というメリットがあります。

 

電話の見積もりは現場でのトラブルを生む可能性もありますが、独自のポイントシステムで見積もりを実施することで荷物量が多い家族についても、他社の見積もりにより荷物量が分かっている段階であれば相場料金はお伝えできます。かなりの確度で安くできることが分かった時点でトラブルを無くすために訪問見積もりに呼んでもらうという方法も取れます。

 

他社の見積もり額が高くて困っているならプロスタッフの電話見積もりがおすすめです。

 

長距離の引越し費用をさらに安くする方法とは

長距離引越しが得意そうな業者から見積もりは取ったけど、予算には程遠い金額だったとしたら。ご心配なく、引越しにはまだまだ費用を安くする方法があります。ここではおすすめ度が高い順にご紹介します。

 

引越し日を業者が暇な日に変更する

引越し料金に最も影響を及ぼすのが日程だと言っても過言ではありません。忙しい日は断るほどの需要がある一方で、暇な日はアルバイトが働けないのはもちろん正社員の仕事を探すのに困ることもあるくらいなのです。

 

特に3月4月の繁忙期と呼ばれる時期に遠くへ引越ししようとしている人は、その料金の高さに驚かれることと思います。長距離引越しで100万円の見積もりを出されたなんて声もよく耳にしました。

 

もし、あなたの引越し予定日が忙しい日であるなら暇な日に変えることで、半額以下の見積もりを出されることも大いにあり得るのです。

 

繁忙期以外の月で月末よりも月初から中旬、休日よりも平日の方が暇な日になる可能性が高いです。あなたが日程を選べる状況であるなら、引越し業者と交渉してみるのが一番手っ取り早い方法です。

 

荷物を整理して持っていく量を減らす

荷物が減ったらなら引越し費用が安くなるのは当然だと思われるでしょうが、距離に比例して高くなる長距離引越しではより大きな効果を発揮します。

 

減らす荷物の候補は大きな物から選んでいきましょう。自転車やベッドは構造上余分なスペースを取りやすいのでおすすめですが、電化製品も購入してから年数が経っているものであれば、いっそ新居で買い直すのも賢い選択です。最近の製品はエコ機能にも優れているので、電気代を節約できるというメリットもあります。

 

また、処分する荷物についても単に粗大ごみとして処理するのではなく、リサイクルショップやフリマアプリを利用したり、身近な人にあげるようにすれば処分費用を成約できるばかりか少しでも引越し費用の足しになるかもしれませんよ。

 

持っていくものをダンボールだけに絞ることができれば、宅配便による引越しだって夢じゃないのです。

 

荷物をできるだけ上手にまとめよう

同じ荷物でも上手にまとめればダンボールの個数も少なくて済むかもしれません。引越し業者は通常重量では見積もりはしないので、より少量にまとめた方が費用は安くなります。

 

家族荷の多い荷物でダンボールが一つや二つ減ったとしても料金にはたいした影響を与えませんが、もしあなたが一人暮らしの単身荷を遠距離へ運搬したいと思っているなら大きな違いになるかもしれません。

 

ダンボールはできるだけ隙間なく詰めましょう。特に食器や書籍などはサイズが不揃いなために隙間が出来やすいですが、空間にタオルやハンカチなど柔らかい物を詰め込んでいくことで1つのダンボールを有効活用できます。

 

スチールラックやカラーボックスといった分解できる物は分解しておくと積み込みの際のデッドスペースを作らずに済む可能性があります。3段程度の小さなカラーボックスであれば衣類を詰めて梱包用の資材として代用するのも有効な方法です。

 

電化製品類もできるだけ箱詰めしておく方が、トラック内のスペースを有効活用することができます。

 

到着時間を引越し業者任せにする

お届け先が長距離で混載便を利用した引越しをする場合、お届け順序で配達に掛かる時間が大きく変動する場合があります。時には高速道路を利用により余分なコストが掛かる場合もあります。

 

到着時間を指定しないことで引越し業者としても最短のルートで荷物をお届けすることができ、最小限のコストで引越しをすることができます。

 

自分で荷造りしよう

今まで引越しの際に梱包プランを選んできた人であれば、自分で荷造りをすることで費用を大きく節約できます。荷造りに掛かる時間はおおよそ積み込みと同程度が見込まれます。

 

時間的な余裕があるのであれば、ぜひ自分でしたいものです。

 

ダンボールを自分で調達しよう

スーパーでは無料でもらえるからとダンボールって安いものと思っている人もいるかもしれませんが、引越し用のダンボールって意外に高額です。ホームセンターで販売されている価格を見ると良くわかると思います。

 

まして引越しでは家族荷ともなると50枚、100枚は普通に必要です。無料提供している引越し業者は多いですが、結局のところ料金に上乗せされていると考えて間違いありません。

 

もし、ダンボールを自分で調達できるなら料金を下げてくれる引越し業者はあるでしょう。ただし、ダンボールのサイズがバラバラであったり、強度に問題があるようでは作業にも支障をきたします。

 

家族荷であれば引越しした知り合いをもらうのが一番おすすめです。単身荷であれば、強度的に問題がなければサイズが多少不揃いであっても作業に対する影響は少ないと言えます。